リフォーム業者にベビーシッターが相談する長所と短所

  • ベビーシッターが台所をリフォームする際の注意点

    • ベビーシッターが台所をリフォームする時は、工事中は料理が作れない、幼児を預かっても料理を出せないなどの注意点があります。台所は作られてから時間が経過すると、天井付近が埃や蜘蛛の巣ができ、壁は剥げ落ちることもあります。

      母親は台所の周囲を見ても特に気にしませんが、幼児のほうは台所が綺麗じゃないと元気がなくなる場合があります。ただ、幼児はリフォーム完了後は、周囲が綺麗な壁になることから自然と笑顔になるので大丈夫です。

      ベビーシッター関する情報探しのお役に立つサイトです。

      業者に台所のリフォームを依頼して、作業が開始されるとベビーシッターの家で料理が作れなくなります。そのため、食事などは出前をとるかスーパーなどでお弁当を買う必要が生じます。ネットのサイトを利用して、宅配弁当を依頼すれば、注文をした時間帯にトラックが弁当を持ってくるので便利です。台所のリフォーム工事は台所の規模にもよりますが、完了させるには数日は必要です。

      日本経済新聞

      平日に工事を依頼すると、ベビーシッターの仕事をやりにくくなります。


      なので、土曜日に工事を依頼すると、仕事の量がそれほど減らなくて済みます。

      リフォーム工事中は幼児を預かることはできますが、ベビーシッター自身の手で料理を出してあげることはできないです。ただ、幼児の母親が幼児のため、お弁当などを持参してくれたのなら話は別です。
      その時は、幼児の好物ばかりが弁当箱に入っていると思われるので、笑顔で残さず食べてくれるはずです。



      食事以外は普通に対応できるので、普段通りベビーシッターの仕事をしても構わないです。